ギタリスト鈴木健治監修 音作りからフレーズ構築まで、宅録ギターの便利なノウハウと地方移住日記も。

鈴木健治|ギター宅録のススメ

ギターシールドケーブル自作のススメ

更新日:

スポンサーリンク





作業部屋のほとんどのケーブル(パッチケーブルを除く)をMogami(モガミ)、プラグをNEUTRIK(ノイトリック)にしたところ、

音質がとても良くなったので、実際使用したケーブルやプラグの種類を書いておこうかと思い記事にしてみます。

*音質を言葉で書くのは非常に難しいのと感じ方は人それぞれかと思いますので悪しからず。DAWなどにレコーディングして波形やアナライザーでチェックするのは良いかも。

Mogami(モガミ)とNEUTRIK(ノイトリック)

これは個人的にもう鉄板の組み合わせですね。最高です。特にギターを弾くのが楽しくなりました。(元々好きですが)短めパッチケーブル以外は全部これにしたいくらい気に入りました。シールドケーブルやプラグは高価なもの含め今まで色々使ってきましたが、モガミとノイトリックの組み合わせに落ち着きそう。(私観ですが変に何かが誇張されていない音が好み)

ギターサウンドはハイファイ=素晴らしい。ではない。

そもそもギターアンプの再生可能周波数はピュアオーディオのそれと比べたらものすごく狭いので、例えば20Hzから20KHzまでたっぷり含んだ音源を入力しても、再生される音はエレキギターっぽくなってしまうんですね、だからこそのギターアンプなのですが。なので、通常のオーディオケーブルとして素晴らしいものがギター用に素晴らしいとは言えないんです。

ギターから最初に出るケーブルは重要。

(パッシブタイプの)ギターから出る信号はハイインピーダンス(抵抗値が高い信号)なので、最も影響を受けやすい最初のケーブルは結構大事でして、微弱な出力を出来るだけ効率よく次の機器へ渡す事が重要になってきます。

自作はお買い得。

ギター用に限らず高品質のケーブルは決して安くなく、そう簡単に買い替えられるものでもないですが、(簡単な方はお好きなだけどうぞw)モガミのギター向け定番フォーンケーブル”2524”は1メートル130円ですし、今回使った中で最も高価なのが”3368”でメーター370円です。2524なら10メートルでも1300円。安い…。

モガミ2524とノイトリックのジャックで5メートルのケーブル作っても1500円ちょっと。。

ちなみにモガミケーブルは多くの有名メーカーにOEM供給しているくらい信頼の高い日本製のメーカーです。

例えばプラグ込みの完成品だと、

Xotic Guitars MOGAMI 2524 7m SL ギターケーブル 

Xotic エキゾチック シールドケーブル(モガミ2524) XP-MS005-SL [5m S/L] / XP-MS 005-SL

価格はリンク先でチェックしてくださいね。

自分的にギター用ケーブルは2524、3368の2択

*かなりの私観。

僕の場合ギターから出るケーブルがモガミ2524か3368、その他最終エフェクターからアンプ、Line 6 Helixのアウト、オーディオインターフェースからモニタースピーカーは2534。に落ち着きました。

あくまで自分の印象ですが、、

2524 とてもいい意味で普通に弾ける。心地よいコンプ感。何かが誇張された感じは全く無い。

3368 2524のテイストを残しつつダイナミックレンジ、周波数レンジが広がった印象。強い音。

2534 ラインケーブルに向いている。無味無臭。

そんな感触ですね。

プラグは全てノイトリック製。プラグもスイッチクラフトなど試しましたが自分はノイトリック製が気に入りました。

とにかく弾き心地がかなり向上した感じですね。

パッチケーブルはモガミの2319、2534とOneControlのソルダレスを組み合わせる感じになりつつまだ模索中。パッチのプラグも迷う。

自作の方法はここに書くほどの腕はないのですが、検索すれば動画での解説も出て来ますよ。

ケーブルで音は本当に変わるのでコスパの高い自作でチャレンジしてはいかがでしょうか。

サウンドハウス  MOGAMI (モガミ) 2524楽器用ケーブル・切売り

サウンドハウス NEUTRIK (ノイトリック) NP2X-B フォンコネクター

Amazon     Mogami モガミ 2524 ハイインピーダンスケーブル 切り売り 

Amazon   NEUTRIK ノイトリック フォンコネクター NP2X-B

タイムリーな話題はTwitterで発信しています。
是非フォローしてくださいね。

Follow Us

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
鈴木健治

鈴木健治

生演奏もITも好きなギタリスト。

神奈川県出身。

これまでギタリスト作編曲家として、多くのレコーディングやライブに参加させて頂いて来ました。近年は都心を離れ、緑に囲まれた自宅スタジオで、

楽曲制作やレコーディングから、ギター機材のアドバイザーなどもしています。

ギター、ベース教則アプリ「フレーズストック」の開発に携わっています。ダウンロードは→こちら

2018年よりギター・レッスン開始しました 詳細

 

-ギターレコーディングテクニック, ギター音作り, クリエイター地方で仕事, レビュー
-, , , ,

Copyright© 鈴木健治|ギター宅録のススメ , 2018 All Rights Reserved.