ギタリスト鈴木健治監修 音作りからフレーズ構築まで、宅録ギターの便利なノウハウと地方移住日記も。

鈴木健治|ギター宅録のススメ

「 レビュー 」 一覧

ギターシールドケーブル自作のススメ

Mogami(モガミ)とNEUTRIK(ノイトリック)
これは個人的にもう鉄板の組み合わせですね。最高です。特にギターを弾くのが楽しくなりました。(元々好きですが)短めパッチケーブル以外は全部これにしたいくらい気に入りました。シールドケーブルやプラグは高価なもの含め今まで色々使ってきましたが、モガミとノイトリックの組み合わせに落ち着きそう。(私観ですが変に何かが誇張されていない音が好み)

UVI Drum Designer - サウンドデザイナーのためのドラム音源。

 UVI から新しいドラム音源Drum Designerが発売されました。
。UVIらしいクッキリと立体感のある音質
印象的なドラムサウンドやリズム制作を短時間で制作可能。
リズムパターンのMIDIをDAWに書き出すことももちろん可能。

UVI USQ-1 〜Ensoniq ESQ-1からのインスパイア

UVIお馴染みのデュアルレイヤー構造のシンセ音源で、Ensoniq ESQ-1をベースにしているとのこと。

実機から作成された268のトーンをオシレーター波形として、完成された400の音色プリセットはレトロからモダン、モーションアルペジオからエアリーパッドまで、時代やジャンルを超えたサウンドを取り揃えています。

VULFPECKとGoodhertzのコンプ最高

最近かなり好きでよく聞いているバンド、VUKFPECK。基本なノリはファンクですが、コード進行なんかはBeatles〜QUEEN〜ELO〜ビリージョエル〜ジェリーフィッシュ〜ベンフォールズ…なんかの影響も感じられて、僕なんかは大好物なのです。

しかもコードの変わり目のタイミングとかはHipHopの手法っぽい感じもして、いわゆるミクスチャーなんですが、なにより曲がご機嫌ですよね。

Complete Toy Museum 300以上のトイ楽器、18,900サンプル、970プリセット

他に類を見ないサウンドライブラリーとして高い人気を誇るComplete Toy Museumはアコースティックとエレクトリックの両方のミュージックトイを網羅します。合計317のミュージクトイには、幼児用の打楽器、トイギター、ゼンマイ人形、ミニ鍵盤、知育玩具をはじめ、様々なトイ楽器のサンプルが使用されています。通常価格47,520円を21,600円のセールは2018年1月1日まで

フリーソフトUVI WorkstationとFalconの違い。

UVI WorkstationはUVIの音源を読み込めるプレイバック専用機。
Falconは多彩なプリセット音源を内蔵した、UVIフラッグシップモデルのサンプラーシンセ。
加えてUVIの音源を読み込むだけでなく緻密なエディットも出来る。
と言えます。

ソフトシンセレビューUVI UVX80 伝説の国産シンセを復刻

UVX80は一時期サンプラーやレコーダーのリーディングカンパニーとして一世を風靡した国産メーカーがリリースしたアナログシンセをベースにしています。1984年にリリースされたこの8ボイスDCO、61鍵のポリフォニックシンセサイザーは、このメーカーが最初に手がけた楽器でもあります。このモデルが挑戦的なものであったのは、そのゴージャスで近未来なルックスに現れていました。

ソフトシンセレビュー”80~90年代の元気な音”「UVI Synth Anthology 2」

ハイエンドなレコーディングスタジオでしか聞く事ができなかった、
ハードウェアシンセの質感が感じられるソフトシンセ音源。

僕自身特に90〜00年代は、『SSLやNeveなどの大型コンソールを通したレコーディングスタジオの音』に慣れ親しんで来たので、この質感はかなりグッと来ました。

ソフトシンセレビュー | Falcon~UVIフラッグシップ音源

UVIのフラッグシップモデル Falconの多機能なモジュレーションやアルペジエーターなどを駆使した豪華なプリセットからは、
例えば一音弾くだけでも独自の世界観を感じる事が出来ます。
正に『創作意欲を刺激する総合ハイブリッド音源』と言えます。
内臓エフェクトも、ディレイ、リバーブ、モジュレーション、フィルター、イコライザー、ドライブ、ダイナミクス等高品質かつ多彩。

プラグインレビュー 絵を描くように空間をデザイン出来るプラグインエフェクト

8ボイスコーラスエフェクトのThorus、マルチタップディレイのRelayer、リバーブをデザインできるSparkverb。

UVIの不代表的な空間系エフェクトを使い、ドライなギターのアルペジオに広がりを加えてみました。

それぞれのエフェクトをかなり深くかけて広げていますが、

「音像は遠くならない、奥まらない」のがチェック出来ると思います。

Copyright© 鈴木健治|ギター宅録のススメ , 2018 All Rights Reserved.