ギタリスト鈴木健治監修 音作りからフレーズ構築まで、宅録ギターの便利なノウハウと地方移住日記も。

鈴木健治|ギター宅録のススメ

SNSの拡散力と発言の場。

更新日:

スポンサーリンク





先日とある投稿に対して、Facebookでのリアクションが270越え、TwitterでのRTは200オーバーと、かなりの反響を頂きました。

その殆どは「僕に対して肯定的な内容」で、やっぱ変だよな?と自分も改めて納得した感じです。

また多くの方々にとって、興味のある内容だったのでは。

SNSの拡散力とその面白さとも言える出来事

面白い事に気付いたのですが、SNSの拡散力は凄いなーと再認識したと共に、

色んな人が色んな形で意見するのを生々しく拝見出来ましたw

Twitterは文字制限もあるので、リツイート+一言くらいしか書けませんが、

Facebookだと、元の投稿を自分のTLにシェアしてそこで自分の意見を書くって方法がありますよね?

僕の記事は公開設定でしたので、シェアして拡散する事自体自由に出来ますし、僕が制限する事もないのですが、

面白かったのが、直接の”知人”が僕のスレッドでなく、自分のTLにシェアしたものに、長文で反論意見してたのが何とも(苦笑)

(その投稿はいつの間にか削除済み)

内容はザックリ書けば僕の投稿へ対する否定的意見+記事の消去まで提言していました。

もう一度書きますが、公開記事である以上シェアして意見するのは自由ですし、そこは僕がコントロール出来る事ではないです。

いやいいんですよ、別に何を意見しようと自由ですしね。

ただね、冒頭で僕の名前を呼びかけて、あなたの持論を熱く展開するのなら、

僕の元のスレッドに書くか、それこそメッセージでくれてもいいんじゃね?って思いました。

疎遠とは言え知り合いなんだから。

元スレッドには書けなかったのかな?自分のTLでパフォーマンスしたかったのかな?

分かりませんけど。

 

 

とは言っても、政治家の皆さんなんか、この比ではないんでしょうね。

たいへんだ〜。

ひとまずまとめます。

前記事にも書きましたが、自分自身全くもって完璧には程遠いですし、
失敗してしまった経験だってあります。
そういう事はいかん!という自戒も含んでおります。
(このような案件は初めてですが。)

せっかくお仕事するなら、なるべくノンストレスでポジティブに行ければと思いますし。

(Visited 177 times, 1 visits today)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

鈴木健治

生演奏もITも好きなギタリスト。

神奈川県出身。

これまでギタリスト作編曲家として、多くのレコーディングやライブに参加させて頂いて来ました。

近年は都心を離れ、緑に囲まれた自宅スタジオで、

楽曲制作やレコーディングから、ギター機材のアドバイザーなどもしています。

携わったアーティスト等詳しい経歴はコチラを御覧ください。 

-コラム
-, ,

Copyright© 鈴木健治|ギター宅録のススメ , 2018 All Rights Reserved.