ギタリスト鈴木健治監修 音作りからフレーズ構築まで、宅録ギターの便利なノウハウと地方移住日記も。

鈴木健治|ギター宅録のススメ

「解説」Helixカスタムパッチ90's AOR Clean

更新日:

スポンサーリンク





90年代AORで多く聞けた、爽快でジューシーなクリーントーンをLine6 Helixで作りました。

コーラス系エフェクトのオンとオフで使い分けも出来ます。
前半がコーラス系オンでハーフトーン、後半でオフにしてリアハムで弾いています。

こういうクリーントーンでリアハムというのも、もしかしたらイメージし難いかもしれませんね。

ところが、実は結構使えるんです。特に動画でやっているようなボリューム奏法では、ハーフトーンより良いケースもあります。

もうひとつ少し変わった事をしていまして、 Delay成分にコンプを通して、フィードバックの減衰のコーントロールをしています。こうすることで、Delayにアナログ感のようなテイストが加わります。

Helix Edit ではこのような感じです。

元のモデリングがアナログディレイならやりませんが、デジタル系のフィードバックには効果的ですよ。

 

動画で使っている HelixのPatchはこちら。

 

 

今まで人気のリード系Patchとセットにしたのもあります。

お知らせ   ギターレッスン始めました。

(Visited 258 times, 1 visits today)

Follow Us

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
鈴木健治

鈴木健治

生演奏もITも好きなギタリスト。

神奈川県出身。

これまでギタリスト作編曲家として、多くのレコーディングやライブに参加させて頂いて来ました。近年は都心を離れ、緑に囲まれた自宅スタジオで、

楽曲制作やレコーディングから、ギター機材のアドバイザーなどもしています。

ギター、ベース教則アプリ「フレーズストック」の開発に携わっています。ダウンロードは→こちら

2018年よりギター・レッスン開始しました 詳細

 

-Line6, カスタムパッチ, ギター音作り
-, ,

Copyright© 鈴木健治|ギター宅録のススメ , 2018 All Rights Reserved.